トップ / もし自損事故を起こしてしまうと

自損事故に自転車保険

もし自損事故を起こしてしまうと

自損事故の場合どうすれば?

交通ルールをきちんと守り、注意深く自転車を運転していても、自損事故に遭ってしまう可能性はゼロではありません。
偶然が重なるなどして、運悪く自損事故を起こしてしまうこともあるでしょう。そういったときには、事故後に適切な行動をとれるかどうかが重要になってきます。万が一、自転車で自損事故を起こしてしまった場合に、慌てなくて済むように、事故直後の対処法を頭に入れておきましょう。

まず、事故を起こしてしまったら、怪我人を救助しなければなりません。
自損事故の場合には、自分一人が事故の当事者であるため、自分が怪我をしているかどうかを確認します。怪我の状態が酷いようであれば119番通報をして救急車を呼びましょう。事故で救急車を呼ぶと、消防から警察にも連絡が行きますが、余裕があれば自ら警察にも電話をしておくといいでしょう。

事故現場は、警察が到着するまで動かさないようにすることが望ましいです。しかし、交通の妨げになるような場合もあります。そのようなときには、スマートフォンやデジタルカメラなどで証拠として写真を撮っておくといいでしょう。

救急車を呼んだ場合は、病院で治療を受けて容態が落ち着いた後に、警察に事情を説明します。特に怪我をしなかったり、怪我の程度が軽い場合にはその場で警察に事情を聞かれることが多いです。自転車保険の保険金が下りるためには、警察の事故証明が必要になるため、軽い事故でもきちんと警察に連絡するようにしましょう。

警察への連絡が済み事故証明を取ってもらった後は、保険会社に連絡をします。自損事故を起こしてしまった日時や状況などを聞かれるかと思います。警察に話したときと同じように話せば問題ありません。所定の手続きを経てから、補償がなされます。