トップ / 自損事故を起こさないために

自損事故に自転車保険

自損事故を起こさないために

防止のため交通ルールを守ろう

自転車に乗っていて事故に遭ってしまった場合に備えて、自転車保険に加入する人が増えていますが、事故を起こさないようにすることも大事です。自動車やバイクなどに乗る際にはきちんと交通ルールを守っている人でも、自転車に乗る際には交通ルールを疎かにしてしまう人が少なくありません。
自損事故防止のため、交通ルールを確認しておくことが大切です。

まず、大半の人が守れていないこととして、左側通行が挙げられます。
日本では歩行者は右側通行ですが、車両は自転車も含めて左側通行が原則です。特別な理由がない限りは、道路左側の路側帯を走行するように心がけましょう。右側通行をすると、事故に遭いやすくなってしまいます。

安全に運転するためには、傘を差した状態や、イヤホンを耳に付けた状態で運転をすることは避けましょう。両手が自由に使えないと、危険を感じたときに素早く止まったり避けたりすることが困難になってしまいます。周囲の音が十分に聞こえない場合も危険でしょう。これらのことが原因で事故に繋がるケースも少なくありません。
最近では、スマートフォンの画面を見ながら自転車を運転している人も目立ちますが、事故に繋がってしまうことがよくあります。

夜に自転車を運転する際には特に注意が必要です。
ライトはきちんと付けて、明るい色の目立つ服を着ることが望ましいでしょう。ライトをつけていないと、自動車を運転している人から見えにくいため非常に危険です。また、突然飛び出して横断するなど、他人が予測できないような行動も事故の原因になることがあります。

特に飲酒運転は絶対に止めましょう。自動車だけでなく、自転車の飲酒運転も法律で禁止されています。自転車の飲酒運転で自損事故を起こし、大怪我をしてしまう例もあるのです。