トップ / 自損事故でも自転車保険はおりる

自損事故に自転車保険

自損事故でも自転車保険はおりる

自損事故も自転車保険の対象に

自転車事故と聞くと、自転車を運転していて歩行者に怪我をさせてしまったような場合を想像する人が多いでしょう。また、逆に自動車などに接触して自分が怪我をしてしまうという場合をイメージする人もいるかと思います。
いずれのケースも事故の相手がいるわけですが、自分一人で事故を起こしてしまう可能性もあります。例えば、自転車の場合には下り坂でスピードが出てしまうことが多いですが、カーブを曲がりきれずに転倒してしまうようなケースです。

そのような事故では、自転車を運転していた人が骨折をしてしまったり、酷く擦り剥いてしまったりする可能性があります。怪我の状態によっては入院が必要になるでしょう。
しかし、相手がいないため、他人に怪我をさせてしまうことはありません。怪我をするのは自分一人だけです。そのような事故のことを自損事故と言います。自転車事故に限らず、自動車やバイクでも発生することがあり、被害者がいないため、損害賠償を請求されることはありません。

しかし、事故の相手がいないということは、自分が怪我をしても誰にも責任を追及することができないでしょう。自損事故は自分に100パーセント過失があるということも意味するのです。

そして、入院しなければならない場合には、入院費がかかるでしょう。仕事も休まなければなりません。事故の状況によっては後遺症が残ってしまうケースもあります。

そのため、自転車保険に加入している場合には、自損事故でも保険が下りるようになっているのです。自動車保険に付帯している自転車事故補償特約で対応できる場合もあります。保険に加入する際には、自転車での自損事故に関してどのように扱われるのか、前もって確認しておくのがいいでしょう。