トップ

自損事故に自転車保険

信頼できる自転車保険の選びかた

自転車保険の選ぶ基準

自転車は安価で手軽に利用できる乗り物であるため、多くの人が利用しています。歩くのには少し遠いくらいの場所に行くときにかなり便利でしょう。
しかし、自転車でも事故を起こしてしまう可能性があります。事故の状況によっては、相手に損害賠償を請求される例もあるのです。自転車に乗る人は、事故に備えて自転車保険に加入しておくと安心できます。

自転車保険への加入を検討する際に、どういった基準で選べばいいのか迷う人は多いでしょう。

自転車保険の選び方で、もっとも重視しなければならないことは、対人補償が十分かどうかという点です。
自転車事故と聞くと軽く考えてしまう人も多いですが、自転車事故で裁判になり、9,000万円以上の損害賠償の支払を命じられた例もあります。

事故の相手に大怪我をさせてしまった場合には、自転車であっても自動車事故とほとんど差のない賠償額になるのです。そのため、賠償責任金額が1億円以上あるものを選ぶのが望ましいでしょう。もし、保険の賠償責任金額が損害賠償金額よりも小さい場合には、差額分を自ら支払うことになってしまいます。

そして、示談サービスについても見ておきましょう。
示談サービスが付いていると、保険金で弁護士に示談交渉を依頼することができます。示談サービスがない場合には、損害賠償を保険金で賄うことが出来ても、弁護士に示談交渉を依頼する際に発生する費用が別途でかかってしまうことになるため、注意が必要です。

保障内容によっては、裁判の際にかかる弁護士費用にも保険会社が負担してくれます。他に自分が怪我をしてしまったときの備えに関しても考慮しておいた方がいいでしょう。ただ、医療保険や生命保険に加入している場合には、そちらで賄えるケースも多いです。